メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

1240円

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM:30年以上にわたり、私たちのコレクションは私たちのすべての日用品によって厳選されてきました。 大流行中!,最大52%offクーポン,【爆売りセール開催中!】ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM
fc2ブログ

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

1240円

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM:30年以上にわたり、私たちのコレクションは私たちのすべての日用品によって厳選されてきました。 大流行中!,最大52%offクーポン,【爆売りセール開催中!】ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

開店宣言!
ようこそ!

ロード・ピスト系自転車に興味がありながらも、入手方がわからない、値段の相場が分からない、その他の事情により購入を躊躇されている方々に、まずは一台!実際に乗ってみませんか?を合い言葉にご提供、ご相談に乗らせていただくために開店しました。

まずは初心者の方々にメンテナンスをしながら、気長に乗っていただける自転車をご提供いたします。フレームの持ち込み、ちょっとしたメンテナンス、改造、ご相談など気軽に応じさせていただきます。

また、中級者・上級者の方々のコンポ・フレームの乗り換え、手組による決戦ホイール組みもやります!その他イベントなどのソフト、自転車保険など、色々なサービスのご提供も考えています!と、いうことで、よろしく!

ホームページはこちら!
      

DT祭り?憧れのエアロスポークが・・・!!!



 これ手組みです。だからなんだよ、何だが探せばなんか完組のようにできるんですね。組み方も色々あって、その辺も手組の面白さなのであります。

 手組をする際の選択肢は、まずリムの選択がある、素材をアルミにするかカーボンにするか、ロープロファイルにするか、ディープ系にするか。

 その次にハブの選択がある、シマノ(なんとか踏ん張っている)、カンパ(ほぼ絶滅)、サードパーティー(出たり消えたり)とまだまだ、探せばそこそこ種類がありますね。

 そしてスポークの選択がある。星にするか?DTにするか?太さはどうするか?形状はバテット?エアロ?プレーン?

 この3つのパーツの選択肢があるんだが、その上にまた組み方の選択肢もある。何本取りでどう組むか?左右同じか?別々か?

 大まかに4つの組み合わせからできるのが手組ホイールなんですねえ、面白いでしょ?

 こいつも見事にその4つから成り立っているんであります。

 まずリムは、こいつカーボンですね、50ミリあります。ちなみにこいつは650Cですよ。

 そして今回スポークがすごい、

268955194_4704851272927337_1751636490908985737_n_convert_20211216215603.jpg

 串焼きの鉄串のようですが、これがエアロスポークというやつです。しかもDT。

 定価をいうと一本驚くほどの値段で、まあ普通なら手がでない。ところがDTをやめる業者が少し投げている、その間隙をぬって、頼んでみたんだが・・・、いいねえ。

 268827504_4704851129594018_4592071231933659944_n_convert_20211216215547.jpg

 これがフロント、なんと20ホールのハブがった、超軽量で精度もいいやつ。そいつに何本取りで組んだか?というと、見ておわかりの通り2本取り・・・で組んだんです、あまりやらないね。

 交差しない組み方で、ラジアル組というのがあるんだが、それよりも少し強度を出して、且つ短く軽量しようというと、この2本取りということいなるね。

 リアは・・・?というと。

268312766_4704851442927320_6000910472987542628_n_convert_20211216215515.jpg

 リアの組み方にも曲者を忍び込ませる。スプロケを入れるフリー側は四本取りという組み方をする。このハブのホール数は24という少ないホール数。なので4本取りでもそれなりの裾野が確保できる。

 裾野が広くなると、スポーク長が長くなるので重くなるが、強度は上がる。なので、4本取りよりも、6本取り、8本取り
の方が強度が上がるというわけだ。

 フリー側にはスプロケがあって、そこにチェーンがかかって車体の推進力を生むところなんで、そこの強度は上げとくに越したことはない。だから4本取りいしておくわけだ。

 ただ、その反対の反フリーの方は、フリーほど力はかからないであろうということなので

269421556_4704851616260636_3428483512920230587_n_convert_20211216215630.jpg

 このように2本取りにします。2本取りはスポークが短くて済むので、その分軽くなりますね、それがメリットとなりますね。

268986614_4704851839593947_5503329619797133857_n_convert_20211216215618.jpg

 再度リアハブを見てみると、手前と向こうで、スポークの交差の程度が、4本取りと2本取りと異なっているわけなんですね。

 通常なら、そこまで見ないでしょうが、こういう機会に観察してみるのもいいのではないでしょうか?

 もっと軽量化するんだったら、フリー側2本取り、反フリー側ラジアル組(交差なし)でやるというのもありかもしれません。

 どうです?手組みって面白いでしょ?ちょっとばかし奥深いでしょ?

 この火を消さないために、ハブを集め、ホイールを集め、スポークを集めて在庫して、何時でもなんとでもなれるようにしておく・・・、これが理想なのであります。

 手組が下火になって、それぞれを集めるのが段々と難しくはなってきていますが、まだまだなんとか踏ん張りますよ。

 手間はかかるが、面白いからでありますね!店を投げるまで・・・続けるだろうな。

268345707_4704850979594033_8215906973948004410_n_convert_20211216215536.jpg

 ヨッシャ!!!
スポンサーサイト

    以下に適合します:nbsp;.
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 商品名:ミニDVカセット
  • 適応システム:ミニDV
  • 録画時間:標準60分/LP90分

■商品の特長 新開発のSuperDLC保護膜とHD潤滑剤の採用により走行信頼性を向上。 ・ハイパーエバーティクル磁性体の採用により、高出力・低ノイズを実現。 ・4 kbit ICメモリーを搭載。



よく探したなあ・・・24×1用のリムなんて・・・



 先日メンテしたこの車体、これがブリジストンの車体と聞いてちょっと驚くよね。こんなおしゃれな車体も作っていたんだ・・・とね。

 BSは実直で、いいもの作るが花がない・・・という強い印象をもっているが、こいつはいいではないの・・・。

 といっても現行では作られていないんだろうな。作り続ける、売り続ければいいのにねえ・・・、こんな車体ハイセンスな人に受けるんじゃない?いいイメージにもつながると思うんだがなあ・・・。

 とこいつのメンテが終わってから、またやって来たよ。

249604367_4542016582544141_3780043875714801477_n_convert_20211027150959_202112152219491c7.jpg

 何すんのか?と思ったら、このホイールを替えたいということらしいね、シルバーにしたいということか。しかし、このリムは難しい。

 24インチといってもかなり特殊性のあるリムなのだ。探してといわれても・・・、心当たりはアレックスの黒リムぐらいしかない・・・あとは・・・???

 ところが、何処で探してきたかもってきたよ。

268110762_4700088693403595_6916398333675508166_n_convert_20211215221718.jpg
 
 なんと懐かしや・・・、ベロシティーのリムという。これってもともとオーストラリア産じゃなかったっけな?それがいつの間にやらUSAになっている・・・店主の勘違いかな?

 しかし、まあこのリムには思い出はある。あまりいい思い出ではないが、こいつでもってホイールを組めることの特権のようなものを一時感じることができたのは、幸運だったかもしれないね。

 時は、ピストブームの際、何か知らんがこのベロシティーのリムが大流行りしたんだな。もうやめてくれ!というほどに、大流行りをした。

 カラフルで、ディープリムというのが受けたのか?ピストブームに乗っかった人たちが意外と単細胞で、個性個性とか言いながら、実はかなり一律だったとか?なんか知らんが、来る人来る人、みんなこのベロシティーのリムを引っさげてきていたな。

 まあ、精度が良くなかった・・・。ホールに削り損ないのバリ・・・じゃないな、貫通していない状態のものもあったくらいだったなあ。

 当時は、ピスト用の完組といえば、モロ競技用の劇高のものしかなかった。そうなると手組みに頼るしかない、ハブもどんどん品切れ状態になって、二昔前のボスフリーを転用したりして、需要に答えてあげていたように思う。

 そういう事情もあって来る日も来る日も、持込みベロシティーでワンペア組むことを半ば強いられていたような状況だった、たまには別のリムで組みたいもんだ・・・。

 間に入れるように、アラヤだの、マビックだのを組むともう天国だったなあ・・・、いい精度のリムは組む時間も短くていいよな。

 そういうところから少しは進化しているかな?ベロシティーは・・・と思ったが、結論からいうと、あまり進化はしているようには見えなかったな。

 でもまあ、超レアもんのリムなんで、それはそれで大事にしましょう。

267905962_4700088420070289_8747584633077629570_n_convert_20211215221659.jpg

 でもって持ち込んできたハブには驚いた、これわかるかな?凝った作りであるのは見る人が見ればすぐにわかるでしょ。

 268340121_4700089376736860_8791847206027546039_n_convert_20211215221819.jpg

 読めないか・・・、ホワイトインダストリーという高級メーカーなんだな。あのエキセントリックハブを作っている所。実に高級感のある仕上げと、回転もまたちょっと重々しくスルーッと回るこの感じはいいねえ。

 268296912_4700088546736943_3154442044673441207_n_convert_20211215221742.jpg

 リアハブの作りも重々しくっていい。本当に重いのではなくて、ガタというものと無縁か?と思えるくらいゆっくり安定して回っていく感じね、ブレがない・・・なんともいいもんだ。

269115311_4700088983403566_8142398495591194388_n_convert_20211215221854.jpg

 アメリカ産なんだと。アメリカというには不思議な国だね。食い物はまずい!という側面と、各移民の底力を集めると相当うまいもんがあるんだ、本当は・・・という事実もあるようだ。

 信じられないくらいブキッチョかと思えば、DIYの国でもある。ものづくりの国・・・というイメージが希薄化と思うと、カスタムや、こうしたパーツ類で飛び抜けたようなものを作る面が確実にある・・・、よーわからんね。

 ドイツのサイトかな?その辺で見つけたらしい、ドイツ語に堪能な方という。ヘーゲルの大論理学を言語で読んでいるんだから・・・得意とかのレベルじゃないね。

 268314864_4700088820070249_8338408892029061555_n_convert_20211215221802.jpg

  ハブがすごくいいんで、スポークも少し凝っていいんじゃない?ということで、DTのダブルバテットスポークを推薦した。

 この写真じゃわかりにくいかもしれない、バテットというのは、両端が2ミリ、中心に向かうと1.8ミリというエアロ構造になっている。しかも天下のDTだよ。

 もともとの値段でいうと、そこそこのものなんだが、今ある問屋がDTをやめるということで、投げているという事情もあって、ちょっと使ってみるいい機会かもしれない。

 売り切ったらもう無くなるので、何時まで持つか知らないが、手組みホイールが退潮している中で、少し持つかもしれないな、なんて変な期待もなくもない。

 ここで一丁、今までやってみたかったが予算オーバーで諦めていたものなんかをこの際やってみる、何ていうのもいいかもしれないね。

 268775190_4700089180070213_111113164065259258_n_convert_20211215221838.jpg

 ワンペア組めたよ、シルバーだし。

 これで、走りも見た目も少し変わるかもしれないね、なんせホワイトインダストリーにDTだからね。

 そんなこんなで、自転車を変えたい!という願望でホイールを交換するのが一番効果があるわけで、完組もいいが、まだまだリムもなくはないので、手組み依頼というのも大いに受け付ける次第であります。

 ことに、珍しいサイズのリム・ホイールは手組みしかないんじゃない?なんてな。

 この店閉めるまで、手組みはやめない・・・、多分絶対に。

グラベル専用車とやらを洗車してみる



 水道水が冷水に感じられる季節となりましたな。この手の洗車にはつらい季節でもあります。と、12月になって気づけばもう半分・・・、あと二週間で色々あった今年も終わるのか・・・。

 この車体グラベル専用車ということだ、だから汚れている、泥道行くんだからね。で、これが走っている勇姿というのが、これ!

そう先日紹介した、メキシコ野郎の動画ね。これ見ると、世界にはグラベルのほうが向いている地域の方が断然多いんだろうなあ、と感じる。

 近くはモンゴルなんていいんでないか?なんて思うんだが。

262049694_4647815975297534_1643016296717732677_n_convert_20211130000358_20211215102501056.jpg

 彼の話はなんとも面白い。体験もさることながら、話者としても非常に面白い。将来は二郎さん(欽ちゃんとコンビだったね)のようになるんじゃないか?と思えるくらい、話芸も優れている。

 メキシコなんて、まあ日本とは真逆のような適当な国だろう?ある意味日本も相当適当になっては来ているが、おおらかさのない適当さは実に腹立たしいんだが・・・。

 勿論メキシコはある意味非常に過酷だと思う、でもその中で非常にたくましく生きている彼から学ぶところは多いと思うね。

 そんなわけで、彼が帰国する前に、お話会食会でもやろうか?なんて思っていますんで、その際には是非、興味ある方は参加していただきたいと思いますね。早めに集まってみんなで餃子包むとかいいかもなあ・・・。

 で、この彼がこのグラベルを手放すというので、ちょっと洗ってみたんだな。

267725831_4696881490390982_4078223789468634608_n_convert_20211214234850.jpg

 ヒー手がちぎれるかと思うくらい冷てーな。でもまあ、少しはきれいになったんで良しとしよう。

 で、こいつなんだが・・・、

268027975_4696881947057603_2926808120604364056_n_convert_20211214235201.jpg

 天下のスペシャと来ている、カーボン車体だ。かなり本気なグラベルらしいぞ、ちょいと拝見してみるか?

267891586_4696882893724175_9218090616984562268_n_convert_20211214235004.jpg

 やっぱスラムが付いている。前シングルというのは今風だな。

268027966_4696883183724146_6070098850230498008_n_convert_20211214235147.jpg

 まあ、当然ディスクだわね。勿論油圧に決まっている。
267812504_4696882963724168_77690868634354029_n_convert_20211214234903.jpg

 シングルだけに、超ワイドなスプロケが付いている、これも想定内だな。そこで再度いうが、この手のワイド過ぎるスプロケの調整する際には、ハンガーの曲がりをトコトンチェックすることだね。

 もう今までのロードレーサーでの常識は通じない。今までは、事故に近いような衝撃が車体に加わらない限り、エンドハンガー修正なんてしなくて済んだんだが、今はもう、初めからハンガー修正をしてもいいかと思うくらい、この辺が微妙になっている。

267914116_4696884213724043_2441362450459284779_n_convert_20211214235118.jpg

 まず、カーボン車体を守るためにハンガー自体が弱く作られいてるように思えますね。ヒューズといった人がいるが、まさに本体を壊さないために、自分が犠牲になるという感じ。なので、ハンガーは余分に買っておくことをおすすめします。

 そしてスプロケの歯数がデカイので、ハンガー中心の少しの曲がりが周辺では大きくなって、変速に影響するなんてとこだろうな。

 またグラベルという競技からしても、落車だ、地面との接触などで曲がりやすいだろうな。

 こいつも、正確にはかると、相当曲がっていた部類だと思う。それを修正して、ワイヤーの張り直しをして、手渡しには支障がないようにしておいた。

267607452_4696883660390765_5702518374851808216_n_convert_20211214234835.jpg

 ハンドルも操作性の幅広と、ドロップの組み合わせという、グラベル特有もの?が付いている。

267905920_4696881703724294_3051209900248577723_n_convert_20211214235100.jpg

 これがブレーキ兼シフターのダブルタップ。突き出し部分は、

267989220_4696881807057617_6235934906114089484_n_convert_20211214235134.jpg

 こうした握りにも対応しているんだろうね。

267894524_4696883760390755_2537916016750037007_n_convert_20211214235033.jpg

 フーン、これがグラベル向きのタイヤなんだ、太くて、スリックとは真逆だね、所によってはブロック?でも舗装路があるとなると、この手なのかな?

267826134_4696883897057408_7281765930312152223_n_convert_20211214234938.jpg

 フレーム見ると、このヘッドは独自らしいね。

268074684_4696883967057401_5884506744046625314_n_convert_20211214235215.jpg

 なんとこの首の部分にサスペンションが仕込んである・・・。なんかキャノンデールでも散々こんなのを見たが、長く乗るには、こうしてメーカー独自もんは危ないね。

 壊れて交換部品を欲しても、もうありません!でもって、走行不能になる可能性があるんでね。

 それと・・・・、

267784628_4696881580390973_784389905161264136_n_convert_20211214234920.jpg

 スペシャもそうだが、キャンデール、タイム、ルックなど、山っ気のあるというか、実力?のあるメーカーが、ヘッド周りやBB周りを独自規格にしたがる・・・、ここも気をつけたほうがいいな。調整法がすぐにわからない、というのは、利用者とメーカーの間にある店主らにはちょっとというか、時には大分面倒なんだな。

 まあ、そういうところで独自色をメーカーとして打ち出したいという気もわからなくはないが・・・。

267842025_4696882490390882_3176106663992382557_n_convert_20211214234951.jpg

 これがほぼ先端を行く本気系グラベル車体なんだそうだ。

 鉄系や、ちょっと古めのアルミマウンテンで組めないかな?と考えたりして。

 最初に購入した人は、メキシコを代表する自転車選手だったらしい、それから一度の落車もなく、山田氏経、そして次は誰の手に渡るんだろうか?

 まだまだ、ガンガン乗れる車体!エ?もう次の人が決まっているの?何だ・・・。でもまあ、そういうことだそうだ。

 彼を囲む、メキシコ珍生活話会につきましては決まり次第、お知らせします!

2台目ブースカ号 発進!



 白いスペシャの初代ブースカ号ですが、幾度の困難を乗り越えて、二十年走り続けてきた猛者ではありますが、今回の車接触事故により、あえなく引退を余儀なくされました。

 当店とも縁の深い、ことにドロップ化されてからというもの、足回りを替えたり、コンポの入れ替え調整など、まあ色々手をかけてきただけあって、今回の引退宣告はちょっとつらいものがありますが・・・。

 267790956_4696716510407480_2145736547917877827_n_convert_20211214224542.jpg

 しかし、また性懲りもなく、スペシャとして・・・、

267966191_4696716670407464_8988918057250878520_n_convert_20211214224648.jpg

 赤い茹でたてシラスとして、再生したということなのであります。またようやるわ・・・。

268445953_4696716173740847_6664316417592621292_n_convert_20211214224800.jpg

 前回の事故で曲がってしまったホイールは組み直しをしましたぞ!このリムも相当のディープになっていますね、38ミリというんで、かなりです。

267891508_4696716270407504_8184702979285551868_n_convert_20211214224612.jpg

 ゴッツいよねえ、ハイトもあるのでそこそこ重いが、平地で回り始めたら、面白いかもしれない・・・。相当面白いかもしれないぞ!

 実はちょっと試乗して、久々に、ホイールで興奮した。あの名作今はなきDTの585以来だな・・・。これは、数は少ないが・・・、これぞ!と言う人にはすすめてみたいもんだな・・・、非常に面白い!

267962304_4696716377074160_2244266730321115426_n_convert_20211214224636.jpg

 そしてこの手のホイールにはねじりが似合う。それもいいねえ。店主は自分の手組みホイールはほぼねじりにしているんだが、それは狂わないし、剛性も上がって、かつ伸びというか・・・いいだよね。

 その割に、周りが全く同調しない・・・なんでだ?この方ももう少し推していきたいもんだな。

 そして、これは江東区のシクロクロンさんからもってきたそうだ、載せ替えてこのフレームを置いて行かれたのに目をつけたらしい。

 ただ、細かい傷があちこちにあったんだが・・・。

 と言って再塗装するほどではない・・・ということで、

268256329_4696717097074088_2003589894251660368_n_convert_20211214224747.jpg

 当店未公認の偽造シールのべた貼り作戦。
268149157_4696717453740719_2894510556944035375_n_convert_20211214224713.jpg

 いま狸市の方で開発中の「人間ダメになる辣油」の瓶に貼るために作られた偽造シールなんだが、こんなところで役に立ってしまった。

 268250725_4696717280407403_7727217428876693457_n_convert_20211214224729.jpg

 こんな頃にも大仰な偽造ステッカーが・・・。そうそう、そうしてあのトレードマークも乗っけないとね。

268137025_4696716963740768_5847329106683100082_n_convert_20211214224701.jpg

 パーツはホイール以外全て元のものであります・・・。オット、ここからでは見にくいか・・・。


267691577_4696716793740785_4870773432772253759_n_convert_20211214224558.jpg

 はい、定位置に戻ってきましたね。

267891571_4696715940407537_3828527594302425514_n_convert_20211214224626.jpg

 はい、この車体にて、もう事故は起こしません!そういう切り替えの意味もありますな。

 そして、こいつがダメになったことを想定して、今もう一台魚沼で売りに出されているシラスを確保に走るという。よほど気に入っているのね・・・。

 まあ、世界あちこちサハリンから、エジンバラから台湾からいった車体だから、信頼度は抜群なんだろうな。

 もう一度、もう二度と事故は起きない!起こさない!よね。

寄せ集めてできたものが 実はかっこいいかもよ



 実はこいつは懐かしい、当店とは付き合いの古い車体なんであります。探せばこいつの施工記事はあると思いますが、五千記事から探すのが大変だ・・・。

 Wレバーで走る、クロモリフレームなんだな。

267744931_4696296797116118_7466457240552533713_n_convert_20211214195442.jpg

 ブレーキレバーがついている、こいつはブレーキのみの何だが、この車体に変なものを持ってきた・・・。

267404504_4696297007116097_6005788852559459063_n_convert_20211214195345.jpg

 なんとカンパのエルゴパワー、9速のベローチェなんであります。こういうの地道に作り続けてくれるといいんだが、今はもう、サード系のところに望みを託すしかないね。まあダメだろうね、あの会社はもう・・・。

 で、何でもいいからこいつを取り付けて、乗れるようにしてほしいという依頼、やってみましょうかね。

 267376665_4696297693782695_1743387430043735233_n_convert_20211214195325.jpg

 はい、取り付けましたよ。って取り付けるだけだったら中学生でもできる。

 まあ、色々大変だわね。

 なんせ、その他のパーツはほとんど元のままなんだからさ。

268074688_4696298147115983_7335710768370562298_n_convert_20211214195601.jpg

 今や懐かしいシルバーパーツだねえ・・・、なんじゃ?

267847297_4696298250449306_1098701061999004686_n_convert_20211214195526.jpg

 スギノ75・・・競輪クランクがついているの?へえ・・・。

268003068_4696298017115996_8115713681722817457_n_convert_20211214195542.jpg

 リアディレーラーはなんとサンツアーのスプリントがついている。こいつとカンパのエルゴだって・・・難問、難問。

 さてここにも、実は色々詰まっている。

 まずこの奥に見えるスプロケだが・・・、こいつはスプロケではない、ボスフリーなのだ。それもただのボスフリーじゃないなんとこいつは8速のボスフリーなのだ。もっというと、9速のボスフリーもなるんだぞ!

 この辺のものも、自転車もの不足になってから、アチコチのサイトを探している内に、見つけたものだった。世界にはまだまだ変なパーツがあるもんだね。これがなかったら、リアのホイールを組み直しているね。

 それをしないですんだが、7速のボスフリーを8速のボスフリーに変えるだけでもホイールのシャフトをいじったりセンター出ししたりと実は地味に大変なのだ。

 268259443_4696297417116056_3268736671482602267_n_convert_20211214195618.jpg

 しかもでかくなったボスフリーのために、スプリントのリアディレーラーを交換しないで使い続けるためには、下駄が必要になります。この黒いパーツがその下駄になります。

 ただ、この下駄を履かせる時の注意。下に長くなるだけに、曲がり等をしっかり取っておくということね。ちょっとした曲がりだって、距離を置くとひどい曲がりになってしまいます。海図で一度間違えたら、到着点は数十キロズレちゃうのとにていますね。

 なんのかんのとノウハウ詰まっているだろう?

 267626875_4696297923782672_8993892497040701682_n_convert_20211214195428.jpg

 前後共々、シングルピポッドのサンツアーのブレーキ。普通にいいね、何気にいいね、そしてそんなパーツが今はなくなりつつあることにがっかりすんなー。

267847126_4696297807116017_778694074709461193_n_convert_20211214195512.jpg
 
 さて付いた、9速のエルゴパワーなんだが、色々癖は残るが、8速のスプロケ全てにしっかり入ってくれます!これってどうやんの?とたまにブログを読んだ人から電話などで尋ねられますが・・・、

 そんなこと知るかよ!!!取り付けたものを動かしながら、観察して、それなりの対策を取っていくことでしか解決なんてしないわね。公式のやり方なぞないし、同じやり方でできるという保証なんかない。つまり臨機応変に、その現物合わせの条件の中で少しずつ調整して鎮めていくしかないのだ。

 267826075_4696297343782730_532068304511435751_n_convert_20211214195457.jpg

 イヒヒ、当店の理想的な再生例となる一台だよね。持ち前のありあわせ、シルバー系の雑多パーツで、手元変速できませんか?なんてクロモリレーサーが来たら、なんとかがんばりますよ!

 まだまだ五十代以上の方々が、物置などにもっているであろう、レーサー・・・、イヤーもう年だから・・・、あんなギヤはもう踏めないよ・・・、Wレバーは危ないからなあ・・・、というような悩みは一気に解決いたしますぞ!

 出てこい!クロモリレーサー!出てこい!かつてのレーサー乗り!みんな合わせて再生だ!

 ゴッツいカーボンだけが自転車じゃない、レーサーじゃないんだよ!と知らしめてほしいもんだな。

プロフィール

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

カウンター

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM


無料カウンター

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM

ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM:30年以上にわたり、私たちのコレクションは私たちのすべての日用品によって厳選されてきました。 大流行中!,最大52%offクーポン,【爆売りセール開催中!】ソニー ミニデジタルビデオカセット Mini DVカセット ICメモリー搭載 DVM60RM