栄光への5000キロ [特別版] [DVD]

栄光への5000キロ [特別版] [DVD]

2400円

栄光への5000キロ [特別版] [DVD]

栄光への5000キロ [特別版] [DVD]:30年以上にわたり、私たちのコレクションは私たちのすべての日用品によって厳選されてきました。 約50年ほど前、高校生の頃に見てからというもの、この映画が映画館でかかるたびに何度も何度も夢中になってみた記憶がある。映画の冒頭で石原裕次郎たちプライベートチームの日欧混合クルーが浜辺で踊るシーンからはじまり、ラリーのシーンを映し出すタイトルバックとテーマソング。 作曲家の黛敏郎がケニヤの民俗音楽をヒントに作曲した「Traveling on」の独特なリズム。 映画の中でさまざまに編曲されて使われるこの音楽は、ラリーからラリーへと参戦するプライベートチームとドライバーをイメージした詩と相まって頭の中にいつまでも残るとても印象的な映画音楽だ。さて、では、50年ほどたって改めて観た肝心の映画は、、、。あの夢中になってみた映画は何だったんだろう、と今となっては思わざるを得ない(?)な出来だ。 いい映画、感動した映画というのは時代を超えるはずなんだが、、、。結局のところ、本映画はあの時代の日産のPR映画であり、それ以上でもそれ以下でもないということ。 当時まだまだ日本車の評価は世界的には低いものだったし、ラリーそのものも世間的には知られたものではなかった。 そんな中で「世界一過酷」といわれるサファリラリーで欧米車をおさえて、日産のブルーバードが初めて優勝したものだから、日産の鼻息も荒かった。 その少し前には日産のR380がポルシェをおさえて日本グランプリでも優勝していたしね。 間違いなく、この当時の日産車のレースにおける活躍がそれ以降の日本のクルマに対する高い評価につながっていったんだろうと思う。 当時、トヨタは日本国内で「売ること」は上手いけれども、クルマの性能、技術では日産に及ばないものと認知されていた。 時代は変わるものだ。今や、レースといえばトヨタ、ホンダになってしまい、日産がレースで勝ったなどというニュースにはほとんどお目にかからなくなってしまった。 そうした当時の時代状況の中で石原プロモーションが日産の全面的なバックアップで製作した映画が本編。じっさいに、この映画は1970年の第17回サファリラリーにあわせて撮影が行われ、映画と同じゼッケンナンバー90番のロケ車がラリーに参加。総合5位に入賞している! ドライバーは18,19回優勝者のハーマン/シュラー組。まだ子供だった僕はそんなことはツユとも思わずに、ただただカッコいい主演者カップルとブルーバード510(映画はセダンだけれども、クーペのSSSがカッコよかったんだよね!流線型のクーペタイプで1600cc、DOHC, ソレックスのツインキャブ、流れるテールライト!)やR381のレースシーン、VANの石津健介が監修したファッションにに興奮して見入っていたんだ。 結果、今にして思うのは見ていたのは映画そのものではなく、観るのていたのは当時のクルマやファッションを主に見ていたのであり、映画そのものの力ではなかったんだね。 だから、今となっては「古き良き時代の日産物語」になってしまっていて、時代を超える映画としての力を持たないのだ。 映画として観た場合、レースのシーン映像も稚拙だし、人間関係の描写も薄っぺらい。 裕次郎のドライバーぶりにも無理がある。もっとストイックさが必要だし、まずは痩せていなくちゃ。 この映画の楽しみ方としては、したがい、映画に登場する本物の日産レースカーや技術陣、サポートチームスタッフの熱意などを楽しむといういのが正しいかもしれない。 ブル510もカッコいいし、映画で映されるサファリでの日産の本物のメカニックたちのテキパキとした動きも素晴らしい。なお、若き日の浅丘ルリ子の美しさも特筆ものです。新版,『5年保証』,【97%off!】栄光への5000キロ [特別版] [DVD]

栄光への5000キロ [特別版] [DVD]

栄光への5000キロ [特別版] [DVD]:30年以上にわたり、私たちのコレクションは私たちのすべての日用品によって厳選されてきました。 約50年ほど前、高校生の頃に見てからというもの、この映画が映画館でかかるたびに何度も何度も夢中になってみた記憶がある。映画の冒頭で石原裕次郎たちプライベートチームの日欧混合クルーが浜辺で踊るシーンからはじまり、ラリーのシーンを映し出すタイトルバックとテーマソング。 作曲家の黛敏郎がケニヤの民俗音楽をヒントに作曲した「Traveling on」の独特なリズム。 映画の中でさまざまに編曲されて使われるこの音楽は、ラリーからラリーへと参戦するプライベートチームとドライバーをイメージした詩と相まって頭の中にいつまでも残るとても印象的な映画音楽だ。さて、では、50年ほどたって改めて観た肝心の映画は、、、。あの夢中になってみた映画は何だったんだろう、と今となっては思わざるを得ない(?)な出来だ。 いい映画、感動した映画というのは時代を超えるはずなんだが、、、。結局のところ、本映画はあの時代の日産のPR映画であり、それ以上でもそれ以下でもないということ。 当時まだまだ日本車の評価は世界的には低いものだったし、ラリーそのものも世間的には知られたものではなかった。 そんな中で「世界一過酷」といわれるサファリラリーで欧米車をおさえて、日産のブルーバードが初めて優勝したものだから、日産の鼻息も荒かった。 その少し前には日産のR380がポルシェをおさえて日本グランプリでも優勝していたしね。 間違いなく、この当時の日産車のレースにおける活躍がそれ以降の日本のクルマに対する高い評価につながっていったんだろうと思う。 当時、トヨタは日本国内で「売ること」は上手いけれども、クルマの性能、技術では日産に及ばないものと認知されていた。 時代は変わるものだ。今や、レースといえばトヨタ、ホンダになってしまい、日産がレースで勝ったなどというニュースにはほとんどお目にかからなくなってしまった。 そうした当時の時代状況の中で石原プロモーションが日産の全面的なバックアップで製作した映画が本編。じっさいに、この映画は1970年の第17回サファリラリーにあわせて撮影が行われ、映画と同じゼッケンナンバー90番のロケ車がラリーに参加。総合5位に入賞している! ドライバーは18,19回優勝者のハーマン/シュラー組。まだ子供だった僕はそんなことはツユとも思わずに、ただただカッコいい主演者カップルとブルーバード510(映画はセダンだけれども、クーペのSSSがカッコよかったんだよね!流線型のクーペタイプで1600cc、DOHC, ソレックスのツインキャブ、流れるテールライト!)やR381のレースシーン、VANの石津健介が監修したファッションにに興奮して見入っていたんだ。 結果、今にして思うのは見ていたのは映画そのものではなく、観るのていたのは当時のクルマやファッションを主に見ていたのであり、映画そのものの力ではなかったんだね。 だから、今となっては「古き良き時代の日産物語」になってしまっていて、時代を超える映画としての力を持たないのだ。 映画として観た場合、レースのシーン映像も稚拙だし、人間関係の描写も薄っぺらい。 裕次郎のドライバーぶりにも無理がある。もっとストイックさが必要だし、まずは痩せていなくちゃ。 この映画の楽しみ方としては、したがい、映画に登場する本物の日産レースカーや技術陣、サポートチームスタッフの熱意などを楽しむといういのが正しいかもしれない。 ブル510もカッコいいし、映画で映されるサファリでの日産の本物のメカニックたちのテキパキとした動きも素晴らしい。なお、若き日の浅丘ルリ子の美しさも特筆ものです。新版,『5年保証』,【97%off!】栄光への5000キロ [特別版] [DVD]